トラベリングオーガスト2015

投稿者: | 2015年8月24日

CNF58hVUkAAnpd7.jpg large
※画像は公式Twitterより

前回、トラベリング・オーガスト2013 は個人的に満足したんですが、今年2015年、いよいよ第2弾のトラベリング・オーガスト2015が行われるとの事でしたので、勿論参加してきました。

公式サイト
http://www.side-connection.com/august-concert2015/

今回は22日、23日の2日間行われましたが、自分は23日夜の部、つまり最終公演に参加してきました。
自分は楽しみはあまり事前情報を仕入れないで楽しむ派なのですが、このトラベリング・オーガスト2015も例外ではなく、あまり調べないで参加しました。
といっても、一応公式サイトはひと通り見ておりますがw
ボーカルの方も実際の曲を歌っている方ではなく、本職(ここで言うオペラやコンサート)の方をお呼びしている感じみたいで、これは普通のADVゲーム会社のイベントではないな…とかなんとか事前に考えたりしておりましたw
会場も東京オペラシティコンサートホールという今の自分にはほとほと縁がない場所であろう所なのでどんな感じなんだろうなぁと想像が膨らむばかりで当日を迎えました。
因みに、チケット予約当初SSS席狙いでしたが、全然無理でその後の一般販売のSS席での参加でした。

開場前にいつもお世話になっている方々とお話したりしましたが、それは今回関係無いため割愛…w
とりあえず業界の方々もたくさん来ていたよ、ということですw

コンサートホールに入った第一印象は思ってたほど広くない、でした。
まぁ自分が今までこんな所とは無縁な生活をしていたせいでしょうけども…w

コンサートは18:00~20:30で行われました。
こんな記事書いておいてあれですが、感想って全然うまくかけない人なので、端的に言うと、前回のコンサート+若干のライブ感もあった中からトコトンコンサートを追求した感じになっておりました。とても満足でございます。
前回のトラベリング・オーガストってゲームのBGMはオーケストラで、ゲーム中の歌付き楽曲に関しては実際の(一部違いますが)歌手さんがコンサートアレンジで歌う、形式でした。しかし、あくまで実際の歌手さんはコンサートホールで歌う事に慣れていることもなく、一部では最終的にライブ的な感じにもなっておりました。自分はそれでも十分満足していましたが、今回のTA2015では歌付きの場合での違いが自分ですらわかってしまったので書きますと、明らかに声の響きというか伸びというか聞こえ方が全然違いました。
まぁ1回目とは場所も違いますし、今回の会場は日本で一番いい音の環境らしいので比べること自体あれなのかもしれませんが…。
BGMアレンジの方もパイプオルガン使ったりより一層オーケストラ感(初心者からみて)が凄かったです。
序曲とか組曲とか前奏曲とかプレイリストやオペラグラスが配られた時点で「あ、これマジだ」みたいに思いましたからね…w
ボーカルの音量が若干小さいのではないかなー、と個人的には思っちゃったのですが、お知り合いの方曰く、「これをボーカル曲としてみるのか、オーケストラの一部分としてみるのか」の違いと言われまして、確かにオーケストラコンサートとしてみた場合今回の感じで丁度よかったなーと感じました。
(といいつつも、ボーカルの方はマイクを使っていたので本来ならそれも無しでいいくらい、と言っておりましたが…w)
よくTVなんかで見るオペラ歌手の人とかってマイク無しでオーケストラの中歌ってますが、声の出し方どうなってんだよ、って改めて思いましたねw

今回は列は前の方でしたが、席が端のほうだったのが残念でしたね。
これこそ、真ん中で聞きたかった…。始まりから鳥肌止まりませんでした。
やっぱりユースティアはオーケストラとの相性がやばいですね。いや、本当あってる…。
あと、新作の「千の刃濤、桃花染の皇姫」のテーマ流れましたが、先にアレンジを聴くという変わったことに…w
しかし、映像付きでみましたが、今回の和風な感じで今作もとても面白そうですね…。
発売が楽しみです。

そんなこんなで、素人が興奮のあまり書き連ねましたが、やっぱりオーガスト最高!!ですね!
TA2015も映像ディスク化とても楽しみでございます!
スタッフの皆様、出演者の皆様素晴らしいコンサートありがとうございました!

余談ですが、会場物販では当初は買う予定のなかったチケットホルダーとかテイクアウトバッグとか買ってしまいました!w

あと、会場のお花にフェイバリットさんの名前があったのにちょっとびっくりしましたw
写真 2015-08-23 17 46 13

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。